--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯
--:--  |  スポンサー広告

2010.05.01 (Sat)

必然の出逢い

 「その時の出会いが人生を根底から変えることがある。よき出逢いを。」皆さんご存知と思いますが、相田みつをさんの有名な言葉です。


 昨今、私にはこの言葉が胸に染みるようなでき事がいくつかありました。私ばかりでなく玉之湯にとりまして最大のでき事は、昭和63年の玉之湯の第1期大改装以来、板長、総料理長として尽力していただいた草間さんが3月末で退社したことです。22年の長きに渡り、玉之湯の料理を常に評判の良い懐石料理に創り上げ、また若い者を腕の立つ板前に育て、最近は、長野県調理師会の要職を担い、地域や学校の料理講習会の講師を務めるなど、玉之湯にとっても、業界内にとってもなくてはならない人となっていました。一昨年草間さんから「玉之湯の事情が許せば、自分の店を出すという夢を実現させたいので辞めさせて下さい。」と話しを切り出された時には青天の霹靂という思いでしたが、私の心の中に「それでは玉之湯の料理を変革してみたい」との思いもよぎり、草間さんの在職している間にその準備を整えていこうと決心し、厨房一同と新たなる料理への模索を始めたのです。


私にそう思わせ たのが、その年の春に「山野草を食べる会」に招いていただいた市内の古民家「喜源冶」の奥様小松さんの「これからの食生活は身体に良い物、自然の恵みをいただくことに目を向けるべきよ」との言葉でした。さらに、何と偶然にもその言葉に呼応するかのように、市内で山菜、ジビエ料理の店を経営していた酒井さんが、当館に勤めることになったのでした。当館にお越しいただくお客様も年令があがるにつれ、量はいらないから、おいしいもの、あっさりしたものを食べさせて下さいとの声も多く、それなら体に良く、山に近いからこそ容易に手に入る山菜、野菜料理をおいしく召し上がっていただこうと、早速酒井さんの手を借りてバイキングコーナーに出してみました。ふきのとう、よもぎ、のかんぞう、なずな、せり、たんぽぽ、アカシアの花など、普段何気なく目にしていた野草がおいしく和え物、天ぷらなどに調理され、お客様に喜んでいただけるようになりました。


そこで第2段階として、懐石料理の順番にこだわることなく、目でも楽しめる料理を作ろうと、お客様に最初にお出しする料理に季節を描いた(仮称)創作前菜を手がけ始めました。この3月は安曇野の春を描いて「早春賦」、4月は御柱を見立てた「諏訪の春」、この2カ月で評判もまずまずのようです。


この様子を目にして、草間さんも安心して玉之湯を去って行かれました。草間さんが築いてくれた料理の本質は決して壊すことなく、新たに工夫をし、創り上げていくこれからの料理。それには小松さん、酒井さんとの出逢いがあったからこそ始められたことなのでした。


 その他、10年程前に当館へお泊りに来ていただいた鬼怒川温泉「花の宿松や」の臼井女将さんとの何気ない出会いから、女将の会「ほのぼの会」にお誘いいただいたり、昨年の倫理法人会への入会のきっかけを作っていただいたり、そして先日社員旅行で松やさんにおじゃました折に、松やさんが経営されている「相田みつを心の美術館」で「よき出逢いを」の額をあらためてしみじみと読ませていただいたり・・・。


 「出逢い」って偶然のようですが、」今思うとそこには出逢う必要があったように思えてなりません。
 当館では、つけもの喫茶を始めて、そこで地域の漬物名人から野沢菜、たくあん、梅漬を募集して食べ比べ会を開催したり、毎年「手しごと市とふれあい音楽会」を主催したり、車坐コンサートも10年継続させたりと、色々な企画を手がけています。これは全て「良き出逢いを」作ってもらいたいからなのです。私もお客様も・・・
関連記事
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州松本あさま温泉ホテル玉之湯発信 宿と地域の旬情報 ☆☆☆ - ジャンル : 旅行

17:43  |  女将のコラム  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。