--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.18 (Sat)

牛伏川フランス式階段流路


「フランス式階段流路」とかなり印象的なネーミングは以前から知ってはいたのだが、なかなか行く機会に恵まれずにいた。
牛伏寺という地元では有名な厄除けのお寺の近くにあるらしいということで、紅葉見物がてら出かけてみることにした。
標高1000メートルあたりの一帯は、すでに落葉著しかったのだが、フランス式階段流路を発見することができた。以外に歴史は古く、明治の時代に建設されたとのこと、驚くことに141mの間に19段の階段流路があり登録有形文化財となっているそうです。

付近にはキャンプ場もあり、夏場ならバーベキューなども楽しめそうないい場所です。
フランス式階段流露



フランス式階段流路について
日本の砂防技術は牛伏(うしぶせ)川にすべて集められているという。明治18年、旧内務省の直轄工事として始まり、流路、護岸、ダム、育林と、あらゆる手を尽くして暴れ川を治める努力を重ねてきた。水に親しむ空間づくりにも早々と着手し、魚や虫がすめるようにコンクリート構造物を改修して自然に近い流れを復元するなど、今日まで砂防の最先端を歩み続ける。
 その象徴が、上流の標高約1000メートル地点にある全国唯一のフランス式階段流路。低落差の堅固な石積み堰堤(えんてい)を19段、約140メートルにわたって連結する。フランスから学んだ明治期の技師が設計し、大正7年に完成した。近代化遺産として国の登録有形文化財になっている。
 牛伏川の上流域は江戸時代の乱伐と山火事で森林が荒廃し、もろい地質も加わって、草木の生えない崩壊地になった。大量の土砂流出は幾多の水害を招き、砂防事業は階段流路に次いでダム建設、三面石張りの親水性渓流整備と続いた。今も根張りの弱いニセアカシアから広葉樹へ変える渓谷の林相転換が進む。
 牛伏(ごふく)寺から渓谷に下りる車道先の連岳橋の上下流に園路が延びる。冬枯れの渓谷は木の葉が遮らず、階段流路の全容が明らかだ。滑らかに水流を伝うこけむした石積み景観が美しい。

フランス式階段流露


隠れ紅葉の名所!
フランス式階段流路の両脇にはカエデの並木があったり、山の上の方にはきれいな黄色に染まる広葉樹の林があったり、紅葉の時季はかなり綺麗に山が染まります。牛伏川の源流まで遊歩道も整備されているので、軽いウォーキング気分での散策も楽しめます。

フランス式階段流露


北アルプス絶景の地
下の画像はさらに下流にある牛伏ダムです。東屋の展望テラスもあったりして眺望を楽しむにはもってこいの場所。常念岳がよく見える絶景ポイントでもあります。

フランス式階段流露

関連記事
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州/松本発 - ジャンル : 地域情報

07:38  |  ガイドブックに載っていない名所  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

そうですか…

牛伏の辺りといったら、崖の湯温泉を思い出すんですが、こういういいところがあたんですね。今度行ってみたいと思います。
錦小路 レイ |  2006.11.18(土) 23:41 | URL |  【編集】

夏はすごくいいところですよ!

フランス式階段流路を流れる川の水もとても綺麗ですし、併設のキャンプ場にはバーベキュー施設もあったりして夏は涼しく楽しめるところです。
他の方のブログで読みましたが、牛伏川の源流あたりまでトレッキングもできるようです。
玉之湯 |  2006.11.21(火) 22:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://asamatamanoyu.blog62.fc2.com/tb.php/162-02b9f027

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。