--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.05 (Sat)

浅間温泉新そば祭り

初日の今日(11月5日)はちょっと気温高めだったこともありまずまずの来場者数のようでした。(わたしが行ったときは・・・!(^^)!)

浅間温泉新そば祭り

どのブースも行列

今回も「くるみ庵」の『すんきそば』を最初に目指します。これは毎年定番。

浅間温泉新そば祭り

かけそばに木曽地方特産の「すんき」をのせたそばです。


すんきとは・・・
すんき漬(-づけ)は、長野県木曽地方に伝わる伝統的な発酵食品である。野菜の漬物の一種であるが、無塩乳酸発酵を行うことに特徴がある。

一般的な漬物は食塩を用いて腐敗菌、食中毒菌などの雑菌の繁殖を抑制するとともに、食塩水の高い浸透圧で野菜の細胞から細胞液を引き出し、その中に野菜が沈んだ嫌気状態で乳酸発酵させてpHを下げ、さらに雑菌の抑制を行う。しかし木曽地方は海から遠い山国であることもあり、「米は貸しても塩は貸せるな」という言葉が存在するくらい塩は貴重な財産だった。そのため野菜の保存に食塩をふんだんに使うことは困難であり、無塩発酵の漬物が生じることになったと考えられている。

材料はすんき菜と呼ばれる在来の漬け菜の一種であり、これを湯通ししてから保存しておいた前年のすんき漬を種として加えて乳酸菌を接種、発酵させることで作る。

独特な酸味を持つ。適当な長さに切り、鰹節と醤油をかけて食すほか、細かく切って味噌汁に入れた「すんき汁」、蕎麦つゆに混ぜた「すんきそば」などといったさまざまな形で日常の食事の食材となる。最近の研究においては花粉症などのアレルギー症状の軽減やピロリ菌の生育抑制に効果が期待される実験結果が得られている。

というスグレモノの漬物なのです。まつもとではすんきそばを食べられるところが珍しく、毎年この浅間温泉新そば祭りで出店する「くるみ庵」さんで提供されるので楽しみにしているのです。

まずはすんきそばを一杯クリアしました。

浅間温泉新そば祭り

次はどこのそばを食べようかと徘徊中。

奈川のとうじそばがすぐに食べられると小耳に挟んだので、すかさず奈川のそばブースへと向かいます。

浅間温泉新そば祭り

ひと波過ぎた時だったのかあまり待つことなく『とうじ蕎麦』をゲットしました。嬉

浅間温泉新そば祭り

浅間温泉新そば祭りの会場では、はじめて食べました奈川のとうじ蕎麦。本来の食べ方とは若干違いますが、人気の奈川とうじ蕎麦を食べられてよかったです。

暑かったのに温そば2杯も食べちゃいました。

物産コーナーの方で『おやき』を買おうとしたのですが、売れ過ぎてしまい蒸すのが間に合っておらず残念ながら『おやき』は断念。

野外コンサートでは玉之湯の社長含む「トリオ・デ・ふるさと」の信州そば切り音頭が歌われていました♪

浅間温泉新そば祭り

浅間温泉を囲む山も紅葉がキレイです。

浅間温泉新そば祭り

浅間温泉新そば祭りは明日も開催されます。

関連記事
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州松本あさま温泉ホテル玉之湯発信 宿と地域の旬情報 ☆☆☆ - ジャンル : 旅行

22:00  |  松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯 宿の情報  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。