--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.13 (Mon)

ローメン│伊那市のB級グルメ

先月、分杭峠へ行った折、「ローメンまん」なるものを販売する売店を見たときに、「一度は食べないといけないなぁ」と思っていた伊那市のB級グルメ『ローメン』。


そのネーミングからなんとなく敬遠しておりました。
なんだか「のびた麺」みたいな感じで・・・(伊那の人怒らないでね♪)

し、

お土産物として袋に入ったローメンはよく見かけるのですが、どこで食べらるのかよくわからない!

伊那の人に聞けば、「どこでも食べられるよ」とは言われますが、地元民でなければわからないですよね。

高速道路のパーキングエリアで見つけたので即食べてみました。

伊那ローメン

高速道路のパーキングエリア、しかも特設売り場の品なんでお祭りの露店程度のものしかありませんが、それでもどんなものかを知るくらいにはなります。

伊那ローメン

ローメンとはこれです↓↓↓
伊那ローメン


ほぼ「やきそば」に近い見てくれですね。

食べてみると

伊那ローメン


これが(意外に←伊那の人怒らないでね)美味い!

やきそばと似てはいますが、ソースが辛すぎず、濃すぎずいい感じです。



◆ローメンは以下のように紹介されています。

ローメンは、炒肉麺(チャーローメン)とも呼ばれ、マトンなどの肉と野菜を炒め(炒肉)、蒸した太めの中華麺を加えた長野県伊那地方の特有の麺料理である。ラーメン用のスープを加えるものと、加えないものがあるが、ラーメンとも焼きそばとも異なる独特の風味の料理である。

小麦粉にかんすいと着色料としてのビタミンB2を加えた、中太で水分が少なめの中華麺を使用する。地元伊那市の合資会社服部製麺所のものを使うことが多く、製麺所で蒸したむし麺となっているが、全国的に焼きそば用として売られているむし麺と比べて色が茶色っぽく、食感が硬い。

具としてマトンなどの肉、キャベツ、キクラゲを主体とした野菜をスープ、ウスターソースなど各店固有の味付けで炒め、再加熱した麺と合わせて完成する。マトンの風味は好みが分かれやすいため、豚肉、牛肉などを選べるように別メニューとしている店もあり、また麺の量を選べる店も多い。

スープに半分浸かったラーメン風のものとスープのないソース焼きそば風のものがあるほか、カレー味のものや、冷やしローメンなど、店によって様々なバリエーションがあるため、これらが同一の名称でよばれることに違和感を持つ向きもあるが、歴史の新しい料理であり、太めの蒸し麺と肉、キャベツを用いた麺料理の総称と見るのが妥当であろう。

薬味の定番は、一味又は七味唐辛子である。好みにあわせ、ソース、酢、ごま油、ラー油、すりおろしニンニク等を加える。このように、テーブルクッキングとして、その場で自分にあったスープの味を作っていくことが推奨されている。


一度は食べる価値ありのB級グルメ。









関連記事
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 長野県松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯 - ジャンル : 旅行

07:38  |  B級グルメ・ご当地グルメ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。