--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.12 (Sat)

飯田の元善光寺

長野の善光寺は誰しもご存知のことでしょう。

長野県にはもう一つの善光寺があるのです。

飯田の元善光寺

元善光寺というくらいですから、長野市の善光寺の全身にあたります。

由来は・・・

古くはこの地を麻績の里(おみのさと)と呼んだ。推古天皇10年(602年)にこの地の住人本多(本田)善光が、難波の堀江(現在の大阪市)で一光三尊(善光寺如来)の本尊を見つけて持ち帰り、麻績の里の自宅の臼の上に安置したところ、臼が燦然と光を放ったことからここを「坐光寺」としたとされる。

その後、皇極天皇元年(642年)、勅命により本尊は芋井の里(現在の長野県長野市)へ遷座され、この寺が善光の名をとって善光寺と名付けられたことから、坐光寺は元善光寺と呼ばれるようになった。遷座された本尊の代わりに勅命によって木彫りの本尊が残され、また「毎月半ば十五日間は必ずこの故里(飯田)に帰りきて衆生を化益せん」という仏勅(お告げ)が残されたことで、「善光寺と元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣り」といわれている。
wikiペディアより引用

ずっと以前から元善光寺のことは気にはなっていたのですが、なかなか行くことがありませんでした。

松本市方面から行くと、中央道松川インターを降りて20分くらいの坐光寺というところにあります。

IMG_0268.jpg



長野の善光寺と比較するとかなり小規模ではありますが、ここが善光寺のルーツならばちょっとワクワクします。

IMG_0263.jpg


ちゃんと御開帳の時に建つ回向柱もありました。

IMG_0269.jpg

長野ほどではありませんが、小さい門前町の風情はあります。

長野の善光寺へお参りしたら、飯田の元善光寺でもお参りをして『両参り』でご利益倍増といきましょう♪


松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯
スポンサーサイト

テーマ : 信州旅行前必見!ガイドブックには載っていない名所 - ジャンル : 旅行

09:07  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2012.11.05 (Mon)

巣栗渓谷 -隠れた紅葉の名所- 

巣栗渓谷


紅葉も随分と里の方へと降りてきました。巣栗渓谷は浅間温泉から美ヶ原の山の反対側にあります。旧武石村ですね。訪れる人も少なくひっそりした渓谷なのですが、なかなか素晴らしい紅葉を見ることができます。

巣栗渓谷


巣栗渓谷にあるダム

武石川の名勝 巣栗渓谷


渓谷に沿って遊歩道も整備されています。

お仙が淵


渓谷のシンボルともされている「お仙ヶ淵」。大蛇伝説もあります。

巣栗渓谷


静かな渓谷沿いを歩くのもいいものです。

ここは川の音と風の音しか聞こえてくるものはありません。

お仙が淵伝説・・・むかしむかし、武石の村のどこからともなく三人の姉弟がやってきて住み着くようになった。姉をお仙といい、上の弟を庄兵衛、下の弟を金次郎といった。
ところがこの三人が住み着くようになってからにわとりなどの家畜が頻繁に盗まれるようになり、後にはきまって大蛇のうろこが落ちていた。犯人は、この三姉弟で大蛇の化身であった。この大蛇を殺してたたりがあってならぬと、三人をそれぞれの神様に祭って封じ込めることにした。姉のお仙を今のお仙ヶ淵に、弟の庄兵衛を築地原のしょうぶ池に、金次郎を権現の金次郎池に祭り、一年に一回お祭りをすることになった。それからは家畜が襲われこともなくなったとさ。
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州松本あさま温泉ホテル玉之湯発信 宿と地域の旬情報 ☆☆☆ - ジャンル : 旅行

07:27  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2012.08.20 (Mon)

塩尻洗馬地区のレタス畑 大地の恵み

183697_438731339511595_1533137329_n.jpg

塩尻市の洗馬地区は良質のレタスの産地として知られています。今が最盛期のレタス。地元にはなかなか出回ることがなく、多くは首都圏へと行ってしまうようです。
ちょっと淋しいですが、それだけ美味しいということは自慢ですね♪
画像を見ていると本当に「大地の恵み」という感じが伝わってきます。

391312_438734602844602_85821963_n.jpg

ここへ来ると日ごろの些細な出来事がとっても小さいことのように感じます。

これまた「大地が与えてくれる心への恵み」なんですね。(^^)
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州松本あさま温泉ホテル玉之湯発信 宿と地域の旬情報 ☆☆☆ - ジャンル : 旅行

22:21  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2012.04.01 (Sun)

信州の桜名所案内│島高松のシダレザクラ

1本だけど素晴らしい!! 島高松のシダレザクラ(^^♪

島高松のシダレザクラ



松本市の島内地区、大糸線の島高松駅の近くにあるシダレザクラです。
なかなかの枝ぶりでしょう! 

とっても残念なのが電柱&電線・・・
電気は私たちの生活に必要なものなので仕方ありませんが、何もここに電柱立てなくても・・・


木の根元にあるのは道祖神で、「安政」の文字が刻まれていました。遠い昔からここに1本で頑張っている桜なのでしょうね。


背景の北アルプスがとってもいい感じの場所です。

松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州松本あさま温泉ホテル玉之湯発信 宿と地域の旬情報 ☆☆☆ - ジャンル : 旅行

07:37  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2012.02.11 (Sat)

しののめの道 北アルプスの眺め絶好調ロード

塩尻~松本の東丘陵地を走る通称『山麓線』

読んで字のごとく山麓を走るルートです。山麓とはいえ、山の中腹を貫いている道路で標高は高いし、信号はほとんどないしで眺めがよく、時間も短縮できるという地元民の抜け道なんですね。

本日は送迎バスの運転でこの山麓線を通りました。

DSC_0133.jpg


こ~んなに眺めがいいんですよ。思わずパチリ。

若干の雲はありましたが、青空に北アルプスの白い峰が素晴らしい眺めとなりました。

おおっと。

送迎の途中で遊んでいるわけではありませんよ^_^;

いい風景をお客様にご案内するために日々努力をしているだけです。

いい景色は心の栄養ですからね♪

松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州松本あさま温泉ホテル玉之湯発信 宿と地域の旬情報 ☆☆☆ - ジャンル : 旅行

21:49  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2011.07.03 (Sun)

NHK連続テレビ小説おひさまロケ地│きれいな水のせせらぎ

NHKおひさま

春から通い続けてようやく撮影時に近い画像を撮影できました♪

陽子が安曇野へ引っ越して来た時に、休んで水をすくっていた川のせせらぎです。

ロケ地選定の際に、水のきれいさと水草の生え具合でここに決めたそうです。

この川には名が無いんですね。地元の人は「せせらぎ」と呼んでいるだけです。

そもそもこの水は、この上流にあるわさび田から流れ出た水で、そのままこの下流に水産試験場の用水に合流して犀川に流れてしまいます。ほんとうにわずかな距離で、川というようりも水路ですね。

わさび田水路

こんなにも涼しい水路が安曇野にはたくさんあります。

わさび田から流れ出た水ってことはそこから湧き出たばかりの水ってことですよ♪ 松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州旅行前必見!ガイドブックには載っていない名所 - ジャンル : 旅行

08:23  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2011.06.23 (Thu)

木曽の赤い屋根の街並み

木曽地方も独自の文化を持つ地域です。

今では、高速道路が伊那谷を通っているために、陸の孤島と呼ばれるようになってしまったのですが、古くは中山道の宿場として往来の文化が取り入れられた地域なのです。

木曽へ行ってまず思うのが

赤い屋根の家が多いこと
木曽の赤い屋根



もちろん今では鉄筋の建物も混在していますが、なぜか赤い屋根の家が異常に多いのです。

これは、雪が積もった時に屋根を守るための薬の色なのだそうです。

聞けば、松本でも古い家の屋根は赤い色があります。

今では建築技術も進んで赤でなくてもよくなったのですが、近隣の景観からなのでしょうか木曽は赤い屋根が多いです。


同じような家の作りの集落は、スペインのバルセロナ地方みたいでいいですね。(ちょっと違うか・・・) 松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州旅行前必見!ガイドブックには載っていない名所 - ジャンル : 旅行

07:35  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2011.06.22 (Wed)

貧乏神神社│信州飯田のパワースポット

貧乏神神社

島田秀平さんの本にも登場しますし、その島田秀平さんは地元TV局の番組にもレギュラーで出演しており、その番組の中でも「貧乏神神社はパワースポット!」としきりに言っておりましたので、はるばる飯田まで遠征してみました。

中央道飯田インターから車で10分くらいのところにあります。

貧乏神神社の入口

貧乏神神社

・・・???

なんじゃこりゃ

でした。

運送会社らしきトラック置き場の横に黄色い鳥居らしき(鳥居でしょうね)ものがあり、確かに『貧乏神神社』と書かれています。

かなり胡散臭そうですが、ここまで来たのだから思い切って入ってみることにします。

後で知りましたが、この鳥居はコンクリート製の電柱を再利用したもののようです。

貧乏神神社

しかも入場料100円と大きく書かれています。

本当に神社なのか?

貧乏神神社

車を降りて神社へ向かうと『世直し不動尊』と書かれた不動明王の石仏があります。不動明王ってお寺じゃないの?

貧乏神神社

ここで100円を支払います。この男女の前に受付の窓口があり、女性に「説明がありますので少し待ってください」と言われ待つことに。神主(神社ですからそう呼ぶんでしょうね)さんはずっと電話をしてました。大型バスでの道順を説明したので、団体さんの問い合わせなんでしょうね。

かなり有名らしい。

待つこと数分。その間にいろいろな有名人が訪れた際の写真を見ていた。
谷村新司、大仁田厚、キャイーンのウド鈴木、もちろん島田秀平などなどたくさんの有名人が訪れているようです。

貧乏神神社

そしていよいよ神主さんが登場し、御神体の前で説明をしてくれました。
全部は覚えていませんが、

・ここは日本一のパワースポット

・ここはお願いをするとこではない。弱い心を追い出すところ。

この2つは覚えています。

そして、

貧乏神神社

貧棒という棒でこの柱を3回「エイッ、エイッ、エイッ」と叩き、3回蹴飛ばし、右奥の的へ豆を投げます。(豆は高いので1回でよいそうです♪)

そして、退散料というお賽銭を入れてお参りは終了。


貧乏神神社

お札らしきものを2枚購入して来ました。

ここを参拝した人からは宝くじの高額当選者が多く出ているらしい・・・

その効果はいかに!

〒395-0157 長野県飯田市大瀬木2728-1 TEL 0265-25-3301
参拝時間 9:00~16:00
定休日 毎週木曜日(祝日は参拝可能)
入場料 100円
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州旅行前必見!ガイドブックには載っていない名所 - ジャンル : 旅行

08:15  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2011.06.14 (Tue)

夢をかなえると縁起のよい駅│飯田線鼎(かなえ)駅

鼎(かなえ)駅

ここ数年の間に鉄道マニアの間から広まったのか、受験の縁起かつぎでこの駅の入場券を買い求める人が増えたとか・・・

夢をかなえる

ということにちなんでのようです。

飯田線の鼎駅は飯田市の鼎地区にあります。

飯田線と言えば鉄道マニアの間ではちょっと知られた『秘境の駅』が数多く存在するという、豊橋~岡谷間のJR線。

鼎駅の駅舎はこんなです。

鼎駅

飯田市の郊外になりますね。

地元のラジオ局の放送で、この鼎駅の記念切符があるということを聞いたので、買ってみることにしました。

鼎駅
掲示板に貼ってありました!これですね。

がっ、

鼎駅

窓口が閉鎖中・・・

この時、10:40分

ちょっと遅かった。。。(T_T)

次に窓口が開くのが11:05なので待つしかありません。この駅は電車の到着する時しか窓口が開かないのだ。

なんてスローライフな駅

仕方がないので、待合室やホームをウロチョロと・・・

鼎駅

ローカル線チックでいいですね~

鼎駅

ホームです。もちろん単線。

鼎駅

やっぱり『ふりがな』がないと読めませんよね。(^_^;)

長くなりそうなので続きをどうぞ 松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

08:07  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)

2011.06.01 (Wed)

安曇野のれんげ畑

2011-05-31No(0006).jpg

安曇野の道祖神のすぐ下にあります『れんげ畑』

『信州そば切りの店』でお世話になっている斎藤農園さんが中心となって「れんげ草プロジェクト」を立ち上げ、毎年ここにれんげ畑を作っています。

田舎らしくてとってもよいところ。

車がほとんど来ませんので、ここで座っていると鳥の鳴き声と風の音しか聞こえません。

草と畑の土の匂いがとってもいいですよ。


2011-05-31No(0005).jpg


昼寝したいです。^_^;

場所はこちら


松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州旅行前必見!ガイドブックには載っていない名所 - ジャンル : 旅行

07:51  |  ガイドブックに載っていない名所  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。