--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯
--:--  |  スポンサー広告

2010.05.01 (Sat)

小さな玉手箱

  還暦となってから、やけに自分の歳が気になるようになった。わたしはこれまでに、自分の年令を意識したことはあまりなく、あったとすれば、それは二十才の時くらいで、今時のように華やかな式典があったわけでもなく、大人の自覚をしたわけでもないが、それでもハタチという言葉の響きには新鮮なものがあり、木彫刻の道を歩き始めたばかりのわたしは「この頃の若者は」と小言を言われながらも、希望の中に居た。あれから時が経ち、振り返ってみれば、二十才どころか二十代はまだ青春の中にあり、大人には成ってはいなかったようだ。大人に成ってきたのは、三十を過ぎてからだ。子供達を育て、幸福になりたくて家族を養い、またそれに助けられながら仕事を為し、三十代四十代を通り抜けて、漸く大人に成れたように思う。はたちは大人に向かう入口にすぎなかった。


 唱歌の中に「船頭さん」という歌があり、村の渡しの船頭さんは、今年六十のお爺さん、年はとっても、お船をこぐ時は、元気いっぱい櫓がしなる・・・と書かれている。
  これは昭和十六年に書かれた歌で、その頃は還暦ともなれば、もう立派なお爺さんだったのだろう。しかし、現代はとてもそうは言えず、歌の世界でも、矢沢永吉、井上陽水、長谷川きよし、など還暦人となっても第一線で活躍している人達が沢山いる。


現代人は昔と違って、十才は若いと言われるが、若いと言うよりは遅いと言った方がいいのかも知れない。二十才では大人に成れず、三十才くらいで大人に成るように、おそらく還暦ではまだ年寄りとは成らず、古希を迎えてからそうなるのだろう。わたしもまだ年寄りの自覚はあまりなく、還暦は爺様へ向かう入口に立っただけなのだと思う。そして、この入口から昔の自分と今の自分を見つめてみると、この身の変わり様に今更ながら驚いてしまう。若い時の変化は成長と進化だったのに、それが今では退化と老化になってしまっている。しかし、容姿容貌体力といった肉体側の老化は、実感し認めざるを得ないのだが、この心は子供の頃から変わってはいない、と思うのはわたしだけだろうか。いや、誰もがそうだと思う。老化しない心があるから、老化してゆく体を肯定したくないのではないだろうか。心と体は思うに任せなく、心が若いのに体が老いてゆくことは辛いことではあるが、人が年を重ねて老いてゆくことは、老体とはなっても、老人となるわけではないだろう。人はそんな心と体だけでここに居るのではなく、その意識の有り様によって人間として存在している。そして、この意識だけは自分の責任によっていつまでも進化できるものであり、いいと言われる若者も親も大人も、その意識によるものではないだろうか。


還暦という爺様への入口に立って、いい爺様に成りたいと願いながら、いい爺様とはどんな人間なのか、そう成るにはどんな意識を持ったらいいのだろうか。これからはそれを探してゆ
こうと思っている。 松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯
スポンサーサイト

テーマ : 信州松本あさま温泉ホテル玉之湯発信 宿と地域の旬情報 ☆☆☆ - ジャンル : 旅行

17:47  |  手仕事屋きち兵衛さんのコラム  |  コメント(0)

2010.01.01 (Fri)

小さな玉手箱

 先日、新聞の投稿欄に、レジ袋を持った猿が柿を取って行った。という記事があった。わたしは、猿もここまできたか、と感心しながら、その姿が見えるようで、思わず笑ってしまった。猿はその字が毛物から遠いと書く通り、他の動物とはかなり違って、とても人間に似ている。昔、塩尻に住む知人から、実の付いた枝を肩に担いで行った猿がいた。と聞いたことがあり、また、人気の少ない森に住むわたしは、猿達と遭遇することがよくあり、実際にカボチャを両手に持って横走りをしている猿を目撃したことがあるのだが、猿は本当にユーモラスな動物だ。冬を迎えて師走となり、猿も一生懸命なのだろう。今度家の周りの庭に、レジ袋とリンゴを置いて、眺めて居ようと思う。それにしても最近は、都会にも猿が度々出没するようになり、田舎でも、作物がひどく荒されて、山も猿も、なによりもこの自然は大丈夫なのだろうか、とひどく心配になる。山も川も海も痩せ細ってしまっているのは、他ならぬわたし達人間のせいなのだが、その人間が無責任でいる以上は、猿達も生きるための法を考えざるを得ないだろう。もはや動物達も本能だけでは生き抜くことが難しくなり、猿達もいよいよ知能を発達させてきたのかも知れない。


 この猿は幾つかの柿をレジ袋に入れて逃げ去った、とのことだったのだが、わたしはこのイクツカのということに考えさせられてしまった。人間なら、取れるだけ取り、詰められるだけ詰めそうなものなのだが、この猿はそうはせず、その時は幾つかで満足だったのだろう。野性にはいつもそうした節度がある。以前テレビで、人間対チンパンジーのバナナの大喰い対決を観たことがある。始めの内は相方互角に食べているのだが、途中からチンパンジーは食べることをやめてしまい、調教師がいくら仕向けても、バナナを押し戻して食べず、結局人間が勝ってしまった。これは、動物達は腹が満たされればそれ以上の欲は無く、人間は食べることに勝ったのではなく、食欲以上の欲の深さを証明したのにすぎない。このチンパンジーも、あのレジ袋猿も、実は、足るを知る猿なのだ、と改めて感心してしまう。 


足るを知るとは「財有りとも、欲多ければ、これ貧なり。貧と見えども、足るを知る者、これ富なり。」との老子の言葉だが、これは、いくら財産があっても、もっと欲しいという欲のある者は貧しい者なのだ。また、貧しいように見えても、これで充分だと知っている者こそ、本当は富める者なのだ、との意味で、わたし達の耳は痛いばかりだ。 自然は益々不自然になってゆき、野性達もいよいよ苛酷な状況になっている。レジ袋猿出現は、そんな中を生き抜くために、知恵をつけている猿の進化の一つなのだろう。そして、遠からぬ日には、マイレジ袋を持った猿達の集団や、レジ袋詰め放題猿が現れるかも知れない。そしたらそれは、猿が足るを知る野性から離れて、足るを知らない人間の道に入り、猿が猿でなく、人間ならぬ猿間となるのだろう。


今年も毎月第二金曜日は車坐コンサートに出演します。 span> 松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 長野県松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯 - ジャンル : 旅行

20:00  |  手仕事屋きち兵衛さんのコラム  |  コメント(0)

2009.08.09 (Sun)

小さな玉手箱 手仕事屋きち兵衛

利き酒の名人といわれる人は、案外、酒が飲めない人が多いんですよ」と聞き、わたしはさもありなんと思った。利き酒は、酒を口に含み舌の上で転がしながら、飲み込まずにその空気を鼻に抜いて、その酒の味と香りを判断するものだから、酒を飲むことが苦手な人でも、酒に関心があり、健全な味覚と嗅覚があれば、その名人にもなれるだろう。


 わたしは飲兵衛で食いしん坊なのだが、味覚と嗅覚が敏感だとは言えず、酒などはただ睡眠頼みのようなもので、それが一粒で酔っ払って眠れるのなら、その方がいいと思っているくらいだから、本当の酒好きではないのだろう。真の酒好きとは酒を愛する者のことで、酒を愛するとは、酒をいつくしみ大切にし、酒と仲良く美しく付き合える者のことで、そうできないわたしは、やはりただの飲兵衛だ。

 酒の苦手な人を下戸、飲める人を上戸と言い、飲める飲めないが、できるできないと、まるで能力の優劣のように言われるのだが、飲める飲めないの違いは、能力の違いではなく、それは感度の違いだと思う。酔っ払えるなら何にでも手が出せるわたしは、酒に鈍感なただの飲兵衛であり、利き酒名人は、酒を愛しながらも、敏感ゆえにその酒が飲めず、敏感ゆえにその酒が精細に分かるのだろう。
 子供の頃は、好奇心から酒に手を出し、すぐに吐き出しながら、大人ってなんでこんなにまずいものがいいのだろうと思い、酒臭い酔っ払った大人を、嫌悪感を持って見ていたはずなのに、気がつけば今、こうしてそんな大人になってしまっている。大人に成ることは、したいことが出来るようになることとプラスの積み重ねのように思っていたのだが、実はその裏で、子供の頃は、繊細で敏感だった身と心が、大人に成るにつれて無神経で鈍感なものとなり、マイナスが見えなくなってしまっているのかも知れない。


 人は誰でも、身と心に敏感さと鈍感さを異って持っている。高所恐怖症の人は高い所に敏感で、そこが平気な人はそこに鈍感なだけであり、対人恐怖症の人は人に対して敏感なだけなのだ。現代は人間関係につまづき悩んでしまう人が多いのだが、それはその人達が弱いからではなく、ただ人間として人より敏感なだけだろう。人は敏感なことにこそ、こだわり、反応し、傷つき、疲れてしまう。このことは喜怒哀楽の全てにおいて、それぞれに感度が違っている。だから、敏感な人ほどその痛みが痛いのに、それがなかなか伝わらない。しかも、今の世の中では鈍感な側の物差しでそれを計っているから、その痛みがいつまでも消えてゆかない。競争社会では仕方のないことかも知れないが、無神経で鈍感な者ほど強く逞しく生きることができ、繊細で敏感な人達が置き去りにされてゆくのは、なんともわり切れなく悲しいことだ。 松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 信州松本あさま温泉ホテル玉之湯発信 宿と地域の旬情報 ☆☆☆ - ジャンル : 旅行

07:16  |  手仕事屋きち兵衛さんのコラム  |  コメント(0)

2009.04.27 (Mon)

小さな玉手箱 手仕事屋きち兵衛

 いま、様々な分野において、わけあり(・・・・)商品が急激にその売上げを伸ばしているという。例えば、オーシャンビューを売りとしているホテルでは、あまり眺めの良くない部屋を格安料金で提供したり、また、ある旅館では、宴会場近くの部屋が、少し騒々しいことがあるとう理由で、サービスは変わらずに安く利用できたりと、これまでのキズ物やハンパ物だからといった商品や農産物はもとより、最近はサービス業界でのわけあり商品が増え、よく売れているそうだ。そんな中で、あるリサイクルショップの若い店主は、近くで家庭菜園をしている人達から農産物を仕入れて売ることで、生産者からは、取れすぎて困っていた物が無駄になることがなく、暮らしの足しになり、消費者からは、その価格と安全性から喜ばれ、沢山売れているというのには感心させられてしまった。


 わたしも昔、店を始めた頃、その一角に、「ちょっと恥ずかしいコーナー」をつくり、そこに、わけあり商品を置き、〝詳しいことはお尋ねください〟と張り紙をしておいたところ、それらがまたたく間に売れてしまったことがあった。作り手として、いつも同じように誠実にこなしていても、時に不揃いとなってしまったり、思わぬシミが出てしまったり、使うのには支障が無いのに不都合があったりと、いろんな製品ができてしまい、わたしはそんな理由を説明したのだが、お客は納得し、それらをまとめて買い、包装紙を複数求めたりもしていた。


 わたしは店をやっている時、お客から聞きたくない言葉があった。それは、品物を渡した後で客同士で交わしている「いくら取られた?」という言葉で、品物を受け取りながらそれはないだろう、と面白くない思いをしていた。本来は、売った側も買った側も双方が「ありがとう」と言っていたはずだ。でもそれは、物も手に入れづらく、金も稼ぎづらい時代だったからだろう。わたしはこの、取られたという言葉を口にしてほしくなく、値段については正直に丁寧に説明をし、自分が客となった時もそれを口にしないようになった。客が金を取られた、と感じるのは、商品が思いのほか高いと感じているからで、それが正統な値段だと納得しているなら、そうは言わないはずだ。



 現代は物が有り余る程にあふれ、物のありがたさが薄れ、それとは逆に金のありがたさばかりが語られるようになり、ますますせちがない世の中になってしまった。物があっても売れない時代となりながらも、こうして、わけあり商品がヒットしている現実は、商売のあり方が、誠実で正直なやり方と共に、正統なる値段のモノが求められ、需要と供給において、その双方が納得できるということこそが大切だということを、今改めて示されているように思う。 松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 長野県松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯 - ジャンル : 旅行

08:38  |  手仕事屋きち兵衛さんのコラム  |  コメント(0)

2009.01.01 (Thu)

小さな玉手箱  手仕事屋きち兵衛

先日、結婚したばかりの若い二人が、新婚旅行から帰って来ました、と挨拶に来てくれた。わたしは二人を、マジ君、エガオちゃんと呼んでいるのだが、その名の通り、彼はとても真面目な好青年で、彼女は笑顔の美しいきれいな娘さんで、二人は初対面の時からそうだった。

 わたしがマジ君と知り合ったのは、妻が車を買うことになり、彼の店に寄った時からだ。その時の彼の接客ぶりと仕事ぶりに、すっかり感心させられて、今の車を買ったのだが、その車がこの十二月に初めての車検となり、彼の世話になったのだが、その誠実な対応ぶりは以前と少しも変わっていなかった。エガオちゃんとは、今から十年程前に、玉の湯のフロントで初めて会った。その時は、色白の頬にまだほんのりと紅を残した可愛いい娘さんだったのだが、その愛らしい笑顔は今でも魅力的なままだ。

 その後、わたしは車座のコンサートに二人を誘い、「お互いに、結婚を意識しながら付き合ってみたらどうだい?」と紹介したのだが、それから二人は二年を経て、今年の十月に結婚した。

 「幸せかい?」と聞くと、「ハイ!」と口を揃えて答える二人は、わたくしのことを愛のキューピットのように思ってくれているようだが、わたしはそうは思っていない。本当はわたしが二人を会わせたのではなく、二人がわたしをして二人を会わせたのだと思っている。それは、二人は別々な所に生まれ、それぞれの人生をくぐり抜けながら、マジ君はマジ君となり、エガオちゃんはエガオちゃんとなり、自分を作り上げ、二人は直接に出会うことはなかったのかも知れないが、それぞれがわたしと会った時にわたしを動かし、二人の力がわたしをして二人を結び付けたのだと思う。二人が若し今のような二人でなかったとしたら、わたしは動かされていなかっただろう。そうして動かされたことで、こうした幸せもやって来てくれたのだが、おかげで、偶然にもわたしの車と妻の車の車検が同じ十二月となってしまい、今年の暮れは我が家もまた金融危機となってしまった。


 実を言うと、わたしは初対面という場面がとても怖い。それは、その一瞬にその者の全てが出ていると感じるからだ。最初に見せるその表情に言葉に態度に、その者の心根や意識や人柄が、先入観を持てないからこそ現われてしまう気がするからだ。わたしは小さい頃から人見知りが激しいと言われ、大人と成った今でも、とっつきづらいと時々言われるのは、いつもそんな怖さを拭えないでいるからかも知れない。


 人生は出会いだ、とはよく言われることだが、いつ、どこで、どんな初対面があるか分からない。そして、それがどんなチャンスになるやかも知れない。だからそのためには、いつも感じの良い人で居なければならないと思う。そうは思いながら、今年もまたわたしは反省をしている。一つ、わたしは丁寧だったろうか。一つ、わたしは親切だったろうか。一つ、わたしは礼儀正しかったろうか。この三つを満たした感じの良い者になっていただろうか。そうして、いつか感じの良い爺さんに成りたいものだと思う。 松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 長野県松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯 - ジャンル : 旅行

22:38  |  手仕事屋きち兵衛さんのコラム  |  コメント(0)

2008.07.22 (Tue)

小さな玉手箱  手仕事屋きち兵衛

手仕事屋きち兵衛

コンビニエンスストアーは、その名の通りとても便利な店だが、最近、そんな店などの24時間営業を
自粛すべきだ。という声が聞かれるようになった。

それは、今心配されている地球温暖化防止の為に、少しでもCO2排出を減らそうとする考えからのもので、この意見とコンビニ業界の言い分が、真っ向から対立している。
終日営業について業界側は、これは消費者へのサービスを追求した結果であり、これが最大のセールスポイントであり、夜間営業を止めたところで、その効果は微々たるものだ。そして、夜間営業のコンビニは、今や女性など為の駆け込み寺にもなっており、止める訳にはいかない、と言っている。

わたしは以前から思っているのだが、深夜から明け方までの活動は、コンビニに限らず、治安の為の活動以外の経済活動は、基本的に無い方がいいと思っている。
深夜営業の店が無くなれば、若者達も出歩かないだろうし、お父さんのはしご酒も無いだろうし、夜にこそ一家団欒ができ、犯罪もずっと少なくなるだろう。そして、そうなれば、人々の活動も少なくなり、CO2の排出だって半減するに違いない。

戦後、日本はしゃかりきに働かざるをえず、おかげで高度経済成長を成し遂げ、こんなにも豊かな国になった。なのに今となって、幸福感と安心感が乏しいのはなぜなのだろう。昔から日本人は働きすぎだ、と言われ、それでも豊かになれば落ち着くだろうとも言われていたのに、現実は、されに忙しくせわしく、悲しく空しくなってしまっている、どうしてだろう。

少し前には、交通事故により一万人以上の死者が出て、それを交通戦争と言ったのだが、現在は三万人以上の自殺者が出ている事実は、この国には明らかに、経済競争どころか、経済戦争があるからに違いない。

こうなってしまっている原因は、皆が言っているそれぞれの理由が全て当たっていると思うのだが、
わたしは、実はこの国にある二つ風土病が大きく関係していると考えている。

その一つは、「お揃い病」という病気だ。この国では何でも揃えたがり、流行が激しく、それを先取りしようとして、標準ばかりを頼りとし、規格外れをはじいてしまう。これでは個性的にとう自由は育たず、
多数決という横暴なやり方しか通用しなくなってしまう。

そして、もう一つの風土病は「欲望過多症」という日本だけに限らない、とんでもない病気だ。こんなに豊かになってもまだ、もっと早く、もっと沢山、もっと便利にと、欲に欲をかいて、足ることを知らない。

わたしはこの2つの病が生活習慣病となっているのが、今の日本そして日本人だと思う。
だからもうそろそろ、自分は自分らしくしていい、という考えを持ち、これでもう充分だ、と自覚しなければ、いつまで経っても、平和な暮らしも、健全な環境もやってはこないだろう。

因みに「足ることを知る」とは、

「財有とも欲多ければこれ貧なり、貧と見えども足るを知るはこれ富なり」
からきている。

今こそこの自覚が必要ではないだろうか。





松本浅間温泉旅館「松本あさま温泉」ホテル玉之湯

テーマ : 快適な生活のために - ジャンル : ライフ

13:00  |  手仕事屋きち兵衛さんのコラム  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。